ヘルプの間違い(1)

0
    なんだか"アラ探し"をしているようですが、ヘルプを見ていて間違いに気づきました。これらは、たまたま発見しただけですから、きっと他にも多くの間違いが記述されていると思います。おそらく、Excel 2003のヘルプを継承したままで直していないのでしょう。ただ、Excel 2007のヘルプは基本的に、インターネット経由でMicrosoftのサイトを参照しているだけなので、サイトに登録されているヘルプコンテンツがこっそり修正されるかもしれません。また、ローカルに保存されているヘルプファイルも、最近はOfficeアップデートなどで知らないうちに最新版へと更新されていることもあるようです。いずれにしても、現時点での誤記です。



    位置のみ表示はできません」に書きましたが、Excel 2007ではグラフを"位置のみ表示"にすることはできません。オプションダイアログボックスからもオプションが削除されています。ヘルプからも削除して欲しかったですね。



    これは恥ずかしい誤記ですね。EndキーではなくEnterキーです。
    最後の「Shift+End」ですが、これを「Shift+Enter」と読み替えたとしても正確ではありません。
    Shift+Enterキーは、オプションダイアログボックスの[Enterキーを押した後にセルを移動する]の[方向]と逆の方向にアクティブセルを移動します。[方向]で「右」を選択していれば、Shift+Enterキーで入力を確定すると、アクティブセルは左に移動します。

    他にも気づいた誤記があったら紹介しますが、どなたか誤記に気づいた方がいらしたら、ぜひ教えてください。ヘルプに限らず、変な日本語や、意味のわからない記述も大歓迎です。責任を持ってMicrosoftに伝えます。


    位置のみ表示はできません

    0
      Excelのオプションには、ワークシート上に挿入したオブジェクトを隠すための設定がありました。



      標準では[すべて表示]がオンになっています。[位置だけ表示]を選択すると、埋め込みグラフの内部が塗りつぶされて「そこにグラフが存在する」ということだけが示されます。こうするとグラフの再描画なくなるので、ワークシートのスクロールが高速になるというメリットもありました。[すべて非表示]は読んで字のごとく、何も表示されなくなります。

      [すべて表示]


      [位置のみ表示]


      [すべて非表示]


      この切り替えはCtrl+6に割り当てられていました。

      Excel 2007のオプションを見てみると[位置のみ表示]という選択肢がなくなりました。



      もちろん、Ctrl+6を押しても「位置のみ表示」にはなりません。
      まぁ、ほとんど知られていないオプションでしたので、悔やむユーザーは少ないと思いますけど。

      Topページへ戻る
      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      recommend
      recommend
      recommend
      recommend
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode