<< 重複データの削除(もう少し詳しく) | main | Excelが強制終了するバグ >>

やっぱり消えない?

0
    「セルと一緒に消えます」で書きましたが、Excel 2007では、シェイプを配置した下のセルを削除すると、上のシェイプも一緒に削除されるようになりました。
    詳しくは「セルと一緒に消えます」をご覧ください。

    これは便利!と喜んでいたのですが、消えないケースもあるようです。

    1.「矢印」を配置します。ここではわかりやすく、色などの書式を変更していますが、標準の書式でも同じです。また、矢印でなく「直線」でも同様です。


    2.シェイプを配置した下のセルを列ごと選択します。ここでは列C:Dです。右クリックして[削除]を実行します。


    3.シェイプが消えずに残ります。これはExcel 2003までと同じ挙動です。


    何だろうこれは?もし、本来は削除されるはずなのに残るのだとしたらバグでしょうけど、こんなにわかりやすいバグが開発段階で発見されない方が不思議です。もしかしたら仕様なのでしょうか・・・

    でも「矢印」以外の、たとえば「四角形」では削除されます。





    さらに不思議なことに「矢印」の高さが短いと削除されます。





    高さがいくつを超えると削除されなくなるかマクロで試してみましたが、これまた不思議なことにマクロから列を削除するとシェイプも削除されます。「シェイプの下のセルを削除すると、上に配置したシェイプも削除される。ただし、直線と矢印は除く。ただし、シェイプの高さが短いと削除されない。ただし、マクロではシェイプの高さにかかわらず削除される」なんていう仕様は意味がわかりません。これはきっとバグなのでしょう。

    ちなみに[セルに合わせて移動やサイズ変更をする]はデフォルトでオンになっています。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Topページへ戻る
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode