<< 機能が拡張されたテキストボックス(2) | main | この情報は役に立ちましたか? >>

数式のネストレベルが拡大

0
    数式で、関数の中に関数を入れることをネストまたは入れ子と呼びます。たとえば次のような使い方です。



    上の数式はIF関数の中に他の関数が入っていません。ネストしていない数式です。対して下の数式は、IF関数の中でもう一つIF関数が使われています。これがネストしている数式です。青色で示したIF関数は「1つめのネストしている関数」という意味でネストレベル1の関数とも呼ばれます。

    さて、このように関数の中に他の関数を入れて、その関数の中にもさらに別の関数を入れて、そのまた関数の中にも・・・と関数のネストを繰り返したとき、いったい何個の関数をネストできるのでしょう。実はExcel 2003までの仕様では、最大のネストレベルが7と決まっていました。





    Excel 2007では、許される関数のネストレベルが最大64になりました。
    Excel 2003ではエラーになって入力できなかった数式も、ほら!ご覧の通り。



    本当に64レベルまで入力できるか、実際にやってみました。



    IF(A1="",〜) の中で IF(A2="",〜) がレベル1のネスト、IF(A3="",〜) がレベル2のネスト・・・と続けて、IF(A65="",〜)がレベル64のネストです。問題なく入力できました。念のため、もう1つネストを深くしてみると、



    ちゃんとエラーになりました。しかも、エラーメッセージに「ネストが深すぎる」とエラーの原因まで明記されています。Excel 2003のエラーメッセージよりもわかりやすくなりましたね。でも、ヘルプで「ネスト」と書かれているのに、エラーメッセージでは「入れ子」となっています。このへんは用語を統一して欲しいものです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Excel 2003
    複雑な計算表や帳票を簡単に作ることができ、グラフ作成、データ分析、簡易データベース作成などの多彩な機能を備えた代表的な表計算ソフト。共直線性の検出・連続確率分布関数といったデータ分析機能や、郵便番号からの住所呼び出し・天気予報の検索などを素早くで
    • 1-kakaku.com
    • 2006/12/03 6:47 AM
    Topページへ戻る
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode