Excelが強制終了するバグ

0
    私が主催しているSNS「Excel World」で教えてもらいました。
    実行するとExcel 2007が強制終了しますので、実際に試してみるときはご注意ください。

    まずSheet1にオートフィルタを設定します。



    次に別のシート(ここではSheet2とします)を開きます。



    任意のセルからSheet1でオートフィルタが設定されているセルを参照します。
    セルに「=」と入力してから、Sheet1を開きます。





    オートフィルタ矢印が表示されているSheet1のセルA1をクリックします。



    その状態で、セルA1のオートフィルタ矢印をクリックします。



    Excelが強制終了します。



    まぁ、そう頻繁にやる操作ではありませんが、現在のところ再現性100%ですのでご注意ください。


    やっぱり消えない?

    0
      「セルと一緒に消えます」で書きましたが、Excel 2007では、シェイプを配置した下のセルを削除すると、上のシェイプも一緒に削除されるようになりました。
      詳しくは「セルと一緒に消えます」をご覧ください。

      これは便利!と喜んでいたのですが、消えないケースもあるようです。

      1.「矢印」を配置します。ここではわかりやすく、色などの書式を変更していますが、標準の書式でも同じです。また、矢印でなく「直線」でも同様です。


      2.シェイプを配置した下のセルを列ごと選択します。ここでは列C:Dです。右クリックして[削除]を実行します。


      3.シェイプが消えずに残ります。これはExcel 2003までと同じ挙動です。


      何だろうこれは?もし、本来は削除されるはずなのに残るのだとしたらバグでしょうけど、こんなにわかりやすいバグが開発段階で発見されない方が不思議です。もしかしたら仕様なのでしょうか・・・

      でも「矢印」以外の、たとえば「四角形」では削除されます。





      さらに不思議なことに「矢印」の高さが短いと削除されます。





      高さがいくつを超えると削除されなくなるかマクロで試してみましたが、これまた不思議なことにマクロから列を削除するとシェイプも削除されます。「シェイプの下のセルを削除すると、上に配置したシェイプも削除される。ただし、直線と矢印は除く。ただし、シェイプの高さが短いと削除されない。ただし、マクロではシェイプの高さにかかわらず削除される」なんていう仕様は意味がわかりません。これはきっとバグなのでしょう。

      ちなみに[セルに合わせて移動やサイズ変更をする]はデフォルトでオンになっています。



      オートフィルタのバグ

      0
        某掲示板で教えてもらいました。ここでは、下図のようなリストを例にします。



        まず正常な動作から。

        1.アクティブセルをA1に置いてオートフィルタを設定します。
         このアクティブセルの位置は重要なポイントです。


        2.A列を「女」で絞り込みます。


        3.結果はこうなります。


        4.セルB3からセルB7までドラッグして選択します。


        5.Deleteキーを押します。


        6.A列のフィルタを解除します。


        7.絞り込まれたデータだけが削除されています。


        今度はバグの操作です。

        8.セル範囲A1:A2(タイトル行)を選択してオートフィルタを設定します。


        9.A列を「女」で絞り込みます。


        10.セルB3からセルB7までドラッグして選択します。


        11.Deleteキーを押します。


        12.A列のフィルタを解除します。


        13.絞り込まれたデータ以外も削除されてしまいます。


        この現象はオートフィルタを設定するときに、どのセルを選択していたかによって挙動が異なります。

        (A)リスト内の任意のセルにアクティブセルを置いた場合 → 正常
        (B)リスト全体(ここではセル範囲A1:B7)を選択した場合 → 正常
        (C)タイトル行(ここではセル範囲A1:B1)だけを選択した場合 → 異常
        (D)1行目全体を選択した場合 → 異常

        となります。
        Excel 2003では発生しませんし、オートフィルタ設定時の選択セルによって結果が異なるという仕様は変です。オートフィルタや並べ替えのとき、Excelは対象のリスト範囲を自動的に認識しますが、それに関連したバグと見て間違いないでしょう。


        ヘルプの間違い(1)

        0
          なんだか"アラ探し"をしているようですが、ヘルプを見ていて間違いに気づきました。これらは、たまたま発見しただけですから、きっと他にも多くの間違いが記述されていると思います。おそらく、Excel 2003のヘルプを継承したままで直していないのでしょう。ただ、Excel 2007のヘルプは基本的に、インターネット経由でMicrosoftのサイトを参照しているだけなので、サイトに登録されているヘルプコンテンツがこっそり修正されるかもしれません。また、ローカルに保存されているヘルプファイルも、最近はOfficeアップデートなどで知らないうちに最新版へと更新されていることもあるようです。いずれにしても、現時点での誤記です。



          位置のみ表示はできません」に書きましたが、Excel 2007ではグラフを"位置のみ表示"にすることはできません。オプションダイアログボックスからもオプションが削除されています。ヘルプからも削除して欲しかったですね。



          これは恥ずかしい誤記ですね。EndキーではなくEnterキーです。
          最後の「Shift+End」ですが、これを「Shift+Enter」と読み替えたとしても正確ではありません。
          Shift+Enterキーは、オプションダイアログボックスの[Enterキーを押した後にセルを移動する]の[方向]と逆の方向にアクティブセルを移動します。[方向]で「右」を選択していれば、Shift+Enterキーで入力を確定すると、アクティブセルは左に移動します。

          他にも気づいた誤記があったら紹介しますが、どなたか誤記に気づいた方がいらしたら、ぜひ教えてください。ヘルプに限らず、変な日本語や、意味のわからない記述も大歓迎です。責任を持ってMicrosoftに伝えます。


          変な日本語(1)

          0
            Excelはアメリカ生まれです。まず英語版が作成されて、それを日本語版にローカライズします。ローカライズは、プログラム内の表記をただ日本語に翻訳するだけでなく、日本語フォントが正常に表示されるかとか、日本語版Windowsで正常に動作するかなど、日本で使われる環境すべてを確認する作業です。もちろん、日本独自の機能やテンプレートなども作成されてます。いやはや、Excelのローカライズとは大変な作業です。

            それを理解した上で、変な日本語を指摘していきましょう。今回はその1回目。

            リボン[ホーム]-[セル]-[書式]をクリックすると、いろいろなコマンドが並んでいます。その一番下[セルの書式設定]コマンドにマウスポインタを合わせるとツールヒントが表示されます。



            「データシートの書式設定」とは・・・?
            ちなみにこのコマンドは、コメント枠を選択している状態でも実行することができます。



            こちらは正しく「コメントの書式設定」と表示されるのに・・・


            Topページへ戻る
            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            recommend
            recommend
            recommend
            recommend
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode